コラム

音楽は人生を豊かにする。音楽の魅力3つ

あなたにとって、音楽の魅力ってなんですか?

世の中は音楽であふれています

 

ちょっと立ち寄ったコンビニエンスストア、駅のホーム、レストラン

 

それは、気にならないほど日常的なシーンに埋れているのかもしれません

最近はCDで音楽を買うことは少なくなりましたが、音楽がなくなった訳ではありません

音楽の配信サービスに入っている人も少なくないはずです

 

なぜこれほどまで、人は音楽に魅了されるのでしょうか?

今回は、そんな音楽の魅力について3つ紹介します

魅力1:音楽の音は一つとして同じものがない

生演奏

音に音色ってありますよね

例えば、楽器だと「ピアノの音色」「ヴァイオリンの音色」と言ったように、同じ音というくくりでも楽器によって音色は違います

また、同じ人が同じように同じ楽曲を演奏したとしても1回目、2回目で違います

そして生演奏なのか、録音なのかでも違ってきます

また録音で同じ音を聴いていても、その時のコンディションによって聞こえ方が違ったりしますよね

 

このように、音は一度として同じ音を生み出すことはありません

一瞬、一瞬で奏でられては消えていく、音楽は儚くも綺麗なものなのです

 

魅力2:クラシック音楽は奥深い

クラシック音楽はみなさん聴きますか?

 

クラシック音楽は人々の想像力を掻き立てる要素をたくさん持っているんです

何百年前の楽譜が今も受け継がれて演奏されていて、楽譜には作曲家のいろいろなメッセージが書かれています

どういう環境でどういう心境で作曲したのか

その作曲家の性格は?など、様々なことがクラシックの演奏を通して伝わってきます

演奏家たちは作曲家の思いを甦らせるのです

それってすごいことだと思いませんか?

 

クラシック音楽にはやはり王道みたいなものがあって当たり前のことを当たり前に演奏するのですが、やはりオーケストラや指揮者などの演奏者によって甦らせる音楽は違うのです

どんなに新しい曲が生み出されたとしても、音楽と人が歩いてきた歴史を感じることができるのは
クラシック音楽の魅力ですよね

 

魅力3 音楽は人の感情を動かす

悲しい曲を聴いたら物悲しくなったり、明るく元気な曲を聴けば楽しく元気になったり、美しい
旋律を聴けば癒されたりしませんか

これは、ミラーニューロン効果と言われています

音楽の魅力は、人の感情を動かすのです

悲しい時にわざと明るく元気な曲を聴いて元気になるとか、疲れた時に美しい音楽で癒されると
かありませんか

感情に合わない曲を聴くとどんなに名演奏でも「うるさい」と思ってしまうこともあるでしょう
オリンピック選手が試合前に集中力を高めるために自分で決めた音楽を聴くという話は有名です

そういったシーンで音楽が幅広く使われています

音楽で感情が動くというのは、人のなせることで他の動物にはありません

人類がこの地に誕生した時から、人は物を叩いて音を出したり自分の手で音を出して音楽を作り
出していたのかもしれません

人の声も立派な楽器になります

民族音楽などで多く世界中にそういった原点になるような音楽は残っています

 

音楽の魅力を生演奏で感じて欲しい

音楽の魅力

それは、一度として同じ音を生み出すことができない儚さがあることです

そして、その音を生み出す歴史が音符に乗っかっていることです

 

 

ぜひ、ミニケストラの生演奏を聴いて、二度と聞くことができない音楽の魅力を感じてください