【楽器紹介】楽器の王様「ピアノ」メロディもハモリもリズムもできる!?

ミニケストラ

みなさん「ピアノ」という楽器をご存知ですか?

・・・・・・なんて言うまでもないですよね

誰もが知ってる、そして触ったことのある楽器、それがピアノです

 

前回紹介したヴァイオリンとその仲間は、大きさによって名前が変わったり、実際に目にする機会は少なかったりで、あまり知らなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか

 

ところがピアノは違います

学校には必ず置いてあったし、伴奏に合わせて歌ったこともあるし・・・

弾き語りをするアーティストもたくさんいます

今回は「楽器の王様」と呼ばれているピアノの魅力をご紹介いたします

 

ピアノはなんでもできる万能選手!

ピアノが「楽器の王様」と呼ばれるのには、いくつか理由があります

1.音の「強弱」を自由に操れる

(クラヴィチェンバロ)

 

私たちが普段何気なく「ピアノ」と呼んでいるこの楽器

実は正式名称があるんです

 

それは、「Gravecembalo col piano e forte(クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ)」

 

・・・意外と長い名前ですよね

 

といってもこれは発明当時の名称で、現在使われることはほとんどありません

 

意味は「強弱(ピアノからフォルテまで)をもつクラヴィチェンバロ

ピアノの親にあたる「クラヴィチェンバロ」という楽器があるのですが、この楽器は構造上、音の強弱(大きい小さい)がつけにくく、ピアノのように大きな音も出せませんでした

それを改善するかたちで生まれ、鍵盤の叩き方だけで、大きな音から小さい音まで出せるようになったため、この名前がついたんです

ちなみに、現在でも省略して表記するときは「pf(ピアノフォルテ)」と書きます

2.音の「長さ」を自由に操れる

構造の改良によって音の強弱がつけれるようになったピアノですが、同じ仕組みによって、音の「長さ」にも変化をつけられるようになりました

それまでのクラヴィチェンバロなどの鍵盤楽器は、弦を爪状のパーツで引っかくことで音を出していたため、音の長さを変えることができませんでした

 

ところがピアノは、弦を「ハンマー」と呼ばれるパーツで叩くことで音を出します

はじめハンマーは弦に触れた状態で止まっていますが、鍵盤を押すとハンマーが動き、弦を叩きます

そして鍵盤から指を離すと、ハンマーは元の位置に戻り弦を押さえて音が止まります

この構造によって、音の長さの調節が可能になったのです

3.音域がとても広い

ピアノには88個の鍵盤があり、7オクターブの音域を自由に使うことができます

これはひとつの楽器がもっている音域のなかではもっとも広いんです

 

ということは、ピアノ一台でオーケストラすべての楽器よりも広い音域を演奏できるということです

かっこいい!

4.複数の音を同時に出せる

あたりまえに思われるかも知れませんが、ピアノは押した鍵盤の数だけ音を出すことができます

これって実はすごいことで、どんな楽器でも(電子楽器以外)ピアノほどたくさんの音を同時には出せないんです

構造上はなんと、88音同時に出せます!(そんな機会はめったにないんですが・・・)

 

心地のよいきれいな和音から、どきどきするような不協和音まで、さまざまな音を組み合わせて使うことができるのはピアノの魅力のひとつですね

また、複数の音が同時に出せるので、一台のピアノを二人で弾く「連弾」もできます

5.ひとりでも、誰かと一緒でも弾ける

ピアノは、演奏者が一人でもいれば、演奏することができます(独奏)

一方で、他の楽器と一緒に演奏することもできます(合奏)

自分が主役になることも、伴奏でみんなを支えることもできるのです

 

ミニケストラでは、ヴァイオリンやフルート、チェロやコントラバスとの素敵なアンサンブルをお聴きいただけますよ

 

ピアノの生演奏を聴いてみよう!

どうでしたか?

ピアノが「楽器の王様」と呼ばれる理由、わかっていただけたのではないでしょうか?

まだまだ良さはたくさんあるのですが、きりがないので・・・・・・

 

端正なクラシックから感傷たっぷりのジャズ、情熱的なラテン音楽まで、なんでもこなせる魅力いっぱいのピアノ

ピアノはメロディもできるハモリもリズムもできる、それを全部同時にもできる贅沢な楽器といえるでしょう

もちろんCDなどの音源でも聴けますが、音楽の醍醐味はなんといっても生演奏!

 

ミニケストラは少人数のアンサンブルなので、それぞれの楽器の魅力を存分に味わっていただけます

楽器の音だけでなく、演奏者の感情や息遣いも、見て、聴いて、感じることのできるミニケストラの生演奏で、ぜひ音楽の素晴らしさに触れてみてください!

次回のミニケストラコンサート情報

次回のコンサートは,

芸術の秋 一番乗り!クラシックコンサート

 

10月8日(土)神楽坂の音色が綺麗に聴こえる The GLEE にて行われます

誰よりも早く芸術の秋を堪能しませんか?ドラゴンボールより「ロマンティックをあげるよ」、キテレツ大百科より「はじめてのチュウ」など秋の雰囲気にぴったりの楽曲をお届けします。

 

open/start
18:00/19:00

adv/Door
予約 4,000円
当日 4,500円 【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。

※座席にて1オーダー以上のご注文を頂いております。

学生
予約 1,500円
当日 2,000円

0才~ 小学生以下
無料

artist
和泉 晶子(ヴァイオリン)、田村 暁恵(フルート)、石井 沙和子(チェロ)、河原 麻美(ピアノ & アレンジ)、中窪 和輝(コントラバス)

 

チケットを申し込む

ミニケストラの詳細はこちらから