ミニケストラ

【インタビュー】ミニケストラの暖かさを演出!イラストレーター・萩原郁実さん(しーちゃん)

ミニケストラのイベントのサムネイル画像やサイトのTOP画像が、暖かくて可愛いイラストになっていることにお気づきでしょうか?

 

ミニケストラ専属のイラストレータ・萩原郁実さん(通称:しーちゃん)は、ミニケストラを身近に感じさせるくれる暖かいイラストを描いてくれています

 

しーちゃんとは、一体どんな方なんでしょうか?

ミニケストラとの出会いとは?

今回は、そんなミニケストラ専属イラストレーター”しーちゃん”にインタビューしてきました

 

絵を描くことはストレス解消だった!?

ーいつも暖かくて可愛いイラスト拝見させていただいています。しーちゃんがイラストを描くようになったきっかけは何ですか?

しーちゃん:もともと、絵は自分のモヤモヤとかストレス解消のために描いてました。作品のためとか賞を狙ってるという理由では描いていないです。

 

ー自分のために描いているということですか?

しーちゃん:そうですね。私は昔から共感覚があって……

 

ー共感覚とは、文字に色がついて見えたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする特殊な知覚現象のことですね。

しーちゃん:そう、そうです。私は、色と匂いと味に敏感で、それを表現するのが文字と絵だったんです。自分の内面から湧き出るものを溜め込むと壊れる気がして…だから、発散するために描いていたんです。子どもの頃なんかは身の回りにいろんな色を感じるのでその色を使って、泣きながら絵を描いて発散させていましたね。

 

 

ーすごい子ども時代ですね。今もストレス解消のために描いている感じですか?

しーちゃん:今は、ストレス解消で描く以外に描くことも増えましたね。アルバイト先のPOPとか友達に送るレターなんかも描いています。

 

ーストレス解消以外でイラストを描くことが増えると何か変わりましたか?

しーちゃん:色えんぴつで描いていたから、どんどん色を重ねていくようになったんです。赤ちゃんを育てていくように、自分の気持ちも育っているなと感じるようになりましたね。4年前くらいから絵を育てていくという感覚に変わってきたんだと思います。
昔、美術の授業の時に「子どもらしくない絵」と評価されたことがトラウマになってるんです。
でも、お客さんに絵を描くようになって「すごくいいね」って言われたり、売れ残りがある商品にPOPをつけたら売り切れたり、人に対して何か動かす力が絵にあるんだと感じましたね。
それから、自己満足以外の目的の絵を描くようになってきたんです。そうなると優しい気持ちで絵を描こうとするようになったので笑顔を想像しながら描くんですね。そういう気持ちで描くと、初対面の人でも暖かくて好きだよと言ってもらえるようになりました。うまいとか何かに似ているというより「暖かい」って言われることが多いです。

 

ミニケストラとの出会い

ーミニケストラのイラストレーターになったきっかけは?

しーちゃん:5月くらいにネットを通じてイラストの仕事を始めたんです。その時、あるSNSからミニケストラのイラストレーター募集の情報が流れてきてピン!ときたんです。昔からピアノをやっていて音楽には関心があったし、音楽をイラストと広げていくっていうコンセプトがとてもいいと思ったんです。これなら自分の協力できると思って応募しました。

 

ーミニケストラと関わりみてなにか感じたことはありますか?

しーちゃん:小田原さんのお話を聞いて考えの深さを知って、そういうミニケストラに関わっている恐れ多さや一緒に広げて行きたいワクワク感を持ちました。それと同時にミニケストラが持っている深い戦略と可能性を感じていて、関わっていて楽しいです。ミニケストラで何をやっていくのかということを考える仕事も楽しいです。
漫画もクラウドファンディングも進出していく中でもっと自分も絵でサポートできたらと思っています。

 

ミニケストラの創業者・小田原さんへのインタビュー記事はこちらになります。ぜひご覧ください。

生演奏をもっと身近に。ミニケストラを作った理由を創業者が語る

 

ミニケストラという作品を残していきたい

ーしーちゃんがミニケストラを通してやりたいことは何ですか?

しーちゃん:形として残るものを作りたいなと思っています。それは、漫画というよりも書籍やグッズを作りたいです。
私自身、以前アルバイト先でPOPを作っていたのですが、最悪翌日には捨てられるんです。自分の絵に感謝とか感動とかされるのに、捨てられるのはきついなとふと感じたんです。
そういう経験をしてから、やっぱり作品として残していきたいという思いを強くもつようになりました。昔と今では絵に対する考え方が変わっていて、無責任に描きたくないですね。それ以上のことをいうと、人に影響を与えさせる作品を作る人になりたいです。自分の気持ちを届け続けたいと思っています。

 

ミニケストラをもっと身近に感じて欲しいな

ーしーちゃんから見たミニケストラのいいところを教えてください。

しーちゃん:ミニケストラは、「身近」な感じがするところがいいなと思っています。オーケストラと聞くと物々しく聞こえるけど、怖いものではなくてどんどん近づいていっていいものだと関わってみてわかりました。
趣味で音楽やりたいけど、ハードルが高いとか、クラシック聴くとカッコつけとか思われるなんて変に差別化されてる気がするけど、ミニケストラはそれはないよって言いたいですね。
本当に身近なツールで発信したオーケストラということを知って欲しいです。私の絵を通してSNSを通していろんな手段を使って語りかけているのでちょっとのぞいてみてください。世界に広がるポテンシャルを持っているのも大きな魅力です。関わっている人がみんな面白いメンバーというものミニケストラのいいところですね。

 

 

しーちゃんが運用しているミニケストラのアカウントはこちら!

ぜひフォローしてミニケストラでのしーちゃんの活動をウォッチしてくださいね!

 

 

View this post on Instagram

 

member introduction No.1 Asami Kawahara 河原 麻美 Piano & Arrange & Compose ​10月11日生まれ 東京都出身  国立音楽大学付属小学校 ミニケストラのピアノだけでなく、教室や作曲活動、バンドなど、多才な女性です!素敵なアレンジ曲の生みの親✨ 個性豊かなあさみ先生のインタビューは必見です↓↓ https://minichestra-media.com/member-intro-asami-sensei/ #ミニケストラ #メンバー紹介 #ピアノ #ピアノ演奏 #音楽 #音楽好きな人と繋がりたい #オーケストラ #イラストグラム#イラスト好きな人と繋がりたい #イラスト #minichestra #music #cute #member #piano #followme #pretty #illustration #illust#classic

Minichestraさん(@minichestra)がシェアした投稿 –

3]