コラム

【ママにオススメ】子どもに聴かせたい音楽とは?どんなジャンル?

音楽教育

これからママになる方やママになったばかりの方、子どもにどんな音楽を聴かせたらいいんだろうと思いませんか?

いい音楽をいっぱい聴かせて、いい影響を与えたい、できれば頭も良くなって欲しい、なんて思っているママも多いはず

子どもにはいいものを与えたいって思うのが親心ってものですね

 

いい音楽って何だろう?

やっぱりクラシックとかがいいっていうけど、本当にそうなの?

そう思う人は多いはずです…

今回は、ママにオススメ!子どもに聴かせたい音楽を紹介します

クラシックを聴かせると頭がよくなるの?

音楽教育

クラシックを聴かせると頭が良くなる、「モーツァルト効果」という言葉を聞いたことはありますか?

このモーツァルト効果ですが、1993年にカルフォルニア大学アーバイン校の心理学者フランシス・ラウシャーらが学術誌「ネイチャー」で発表したもので内容はこうです

 

モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタニ長調 K.448」を学生に聴かせたところ、他の音楽を聴かせたり、または何も音楽を聴かせなかった学生より、モーツァルトの曲を聴かせた学生の方がスタンフォード・ビネー式知能検査の空間認識テストにおいて高い成績を示した

ただし、この効果は音楽を聴いて10〜15分にみられる限定的なものであることと報告された

引用:音楽教育を幼児から始めるメリット・デメリット

 

これが、商標登録して売り出されたため「モーツァルトを聴けば頭がよくなる」と拡大解釈され広まってしまったのです

このモーツァルト効果については2007年にドイツ教育省が「モーツァルト効果は存在しない」と結論づけた研究結果を発表しました

 

しかし、この発表は「音楽を聴く」だけでは知能は発達しないと示しただけで「音楽を習う」ことで知能が発達する可能性は否定していません

クラシックが子どもに良いと言われる理由

クラシックが子どもに良いと言われる理由、それは「赤ちゃんや子どもが好む音楽」だからです

赤ちゃんや子どもが、なぜ好むのか?

それは、調和のとれてる穏やかな音楽を好むからです

 

そういった音楽が、クラシックには多いということでしょう

また、そのような音楽が脳を心地よく刺激して、子どもをリラックスさせる効果があります

ポップスなどリズム感を重視したものは、脳を刺激して興奮状態にしてしまうことがあります

心穏やかな曲が子どもたちには良い刺激を与えるということですね

音楽のジャンルは偏らないほうがいい

音楽教育

クラシックが良いからといって、そればかりを聴かせるのは子どもの成長を狭めてしまいます

世界中には様々な音楽のジャンルがあり、その国を象徴する音楽も聴かせてあげることも子どもの音楽の可能性の選択肢を広げることになります

 

また、水が流れる音や鳥の声などの環境音も子どもの気持ちを落ち着かせる効果がありま

寝る前に、部屋を暗くして

  • 穏やかな曲を聴かせる
  • パパやママが歌ってあげる

ことは、質の良い睡眠を促すことになり子どもの成長を助けてくれるでしょう

 

手始めに身近なアニメやゲーム音楽を親子で楽しむのがオススメです

そこから、音楽のジャンルを広げていってみてはいかがでしょうか?

ミニケストラでは、質の高い音楽を子どもから大人まで楽しめるセットリストでコンサートを行なっています!

右側のサイドバーに最新のコンサート情報を掲載してありますので、ぜひ一度足を運んでみてください