ミニケストラ

音楽と絵本の融合。ミニケストラの本ができました!

音楽の団体が絵本を出版!?

 

ミニケストラの新しい試みとして,ミニケストラの絵本「ミニケストラものがたり」を発売することになりました

 

今回は,ミニケストラの絵本はどんなものなのか・なぜ作ろうと思ったのかを紹介していきます

 

「ミニケストラものがたり」どんな絵本?

「ミニケストラものがたり」は

  • 音楽の楽しさ
  • 仲間と演奏することの頼もしさ
  • お客さんに演奏することの喜び

を伝えるために,歌う絵本作家のよねだまみ( )さんに描いてもらった絵本です

 

未就学児を対象とし,全16ページで構成し,誰でも楽しく読めるような内容になっています

 

ミニケストラものがたりを作ったきっかけは?

なんで,音楽の団体が絵本を出しているの?

と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

 

それは,耳だけでなく目でミニケストラを身近に感じてもらいたいと思ったからです

 

ミニケストラは,音楽を目の前で生で聴いてもらい,音楽の良さを伝えるのが一番の目的です

 

ミニケストラが大切にしていることは,こちらの記事にも書きました

オーケストラとミニケストラの3つの違い

 

しかし,毎日いつでもどこでも演奏するのは不可能です

メンバーはミニケストラの他にも様々な場所で活躍している人たちなので,スケジュールを合わせるのも簡単ではありません

 

そこで,「もっとミニケストラを身近に感じてもらいたい」という想いから,耳だけでなく目でみてもらう絵本という形を選びました

 

そして「ミニケストラものがたり」を読んだことで,ミニケストラのコンサートに足を運ぶきっかけになってほしいと思っています

 

「ミニケストラものがたり」はオンラインショップBASEで販売しています
BASEで絵本を買う

 

音楽の楽しさを伝えたい

この絵本を通して

  • 音楽を演奏すること
  • 仲間と協力すること
  • お客さんに喜んでもらうこと

の3つの楽しさを伝えたいと思っています

 

最初はバラバラ個別に弾いていたミニケストラのメンバー5人

しかし,物事を進めていくには自分一人ではどうしても行き詰まるときがありますよね

 

そんなことを思っているときに、バラバラのメンバーが集まって演奏を始めると,多くのお客さんに音楽を聴いてもらえるようになり,一緒の空間を共有して音楽を楽しむことができた

というストーリー展開になったいます

 

 

他人が喜ぶ姿を想像して仲間と同じ気持ちで打ち込むと、思いもしなかった大きなことを成し遂げることができる

というメッセージをこの絵本を読んだ人に広めたいと思っています

 

ミニケストラ物語のすべてを見て欲しい!

なんとこの絵本は,構想から制作まで約3ヶ月も要しました

 

  • どうやったら,音楽の楽しさを絵とストーリーで伝えることができるのか
  • どうのような物語だったら,ミニケストラに足を運んでもらえるきっかけになるのか

それだけを考え続けて,ようやく完成したのが「ミニケストラものがたり」です

全16ページと短いストーリーですが、内容の濃さは他の絵本には負けていません

こんな人にミニケストラものがたりを読んでほしい

ミニケストラものがたりは

  • 小さなお子さんがいるご家庭の親御さん
  • 読み聞かせを行なっている保育園・幼稚園

にぜひ読んでいただきたいです

 

好きなことをすることの楽しさや,仲間と協力してひとつのことを成し遂げる達成感を伝えるには,もってこいの本なんですよね

もちろん,大人の方にもこの絵本を読んで,優しい気持ちになってもらいたいなと思います

 

ミニケストラものがたりを買うことができるのは…

ミニケストラ物語を買うことができるのは

のどちらかになります

絵本の売り上げは保育園や幼稚園や学校などに全額寄付いたします

 

ミニケストラものがたりで音楽を身近に

ミニケストラは,生演奏だけでなく様々な方法で多くの人に音楽の魅力をお伝えしたいと思ってます

この「ミニケストラものがたり」で,少しでもミニケストラに興味を持っていただいて,足を運んでもらうきっかけになれば嬉しいです

 

ぜひ,コンサート会場で,オンラインショプBASEで絵本を買って読んでみてください!


BASEで絵本を買う
 

 ミニケストラについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでみてください

ミニケストラとは?音楽とポップカルチャーの融合

オーケストラとミニケストラの3つの違い

ミニケストラの選曲基準・こだわりは?